ホワイトボックス暗号方式による暗号鍵保護ソフトがTLSに対応(MSYS) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

ホワイトボックス暗号方式による暗号鍵保護ソフトがTLSに対応(MSYS)

MSYSは、IoTデバイスやモバイルアプリで使用されている業界標準プロトコル「TLS」に対応したホワイトボックス暗号方式の暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
丸紅情報システムズ株式会社(MSYS)は11月29日、IoTデバイスやモバイルアプリで使用されている業界標準プロトコル「TLS」に対応したホワイトボックス暗号方式の暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始すると発表した。ソフトウェアは、MSYSが2017年より取り扱っている米whiteCryption社製の「Secure Key Box」の最新版である「Secure Key Box 5.19.0」。

同ソフトウェアは、暗号鍵を平文に変換することなく暗号機能を使用可能にするホワイトボックス暗号実装技術により、暗号鍵の盗用を防ぎ、アプリケーションソフトウェアをハッキングやリバースエンジニアリング、マルウェアによる攻撃から守るセキュリティソフトウェア。最新版では、暗号化プロトコルTLSに対応した。これにより、保管時と使用時にかかわらず常に暗号鍵を保護できる。MSYSでは同製品を、IoT機器の史上向けても展開する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×