Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック) | ScanNetSecurity
2019.12.14(土)

Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

ラックは、Androidアプリケーション(Androidアプリ)の脆弱性を発見し、原因と対策(修正方法)を提示する「Secure Coding Checker」の提供を2020年4月より開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは11月12日、Androidアプリケーション(Androidアプリ)の脆弱性を発見し、原因と対策(修正方法)を提示する「Secure Coding Checker」の提供を2020年4月より開始すると発表した。同製品はソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社が提供しているが、ラックと資産譲渡契約に合意したことから、ラックが提供元となった。

「Secure Coding Checker」は、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が公開する「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に100%準拠したAndroidアプリの脆弱性診断を行えるWebサービス。ユーザは、開発したアプリをWebブラウザからアップロードし、診断が行える。診断の結果、問題があった場合には、その箇所と理由を表示するほか、JSSECセキュアコーディングガイドの該当部分へのリンクが表示され、修正方法を知ることができる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×