Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

ラックは、Androidアプリケーション(Androidアプリ)の脆弱性を発見し、原因と対策(修正方法)を提示する「Secure Coding Checker」の提供を2020年4月より開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは11月12日、Androidアプリケーション(Androidアプリ)の脆弱性を発見し、原因と対策(修正方法)を提示する「Secure Coding Checker」の提供を2020年4月より開始すると発表した。同製品はソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社が提供しているが、ラックと資産譲渡契約に合意したことから、ラックが提供元となった。

「Secure Coding Checker」は、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が公開する「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に100%準拠したAndroidアプリの脆弱性診断を行えるWebサービス。ユーザは、開発したアプリをWebブラウザからアップロードし、診断が行える。診断の結果、問題があった場合には、その箇所と理由を表示するほか、JSSECセキュアコーディングガイドの該当部分へのリンクが表示され、修正方法を知ることができる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×