メールアカウントが不正アクセス、543通のメールを送信(日本電気計器検定所) | ScanNetSecurity
2019.11.12(火)

メールアカウントが不正アクセス、543通のメールを送信(日本電気計器検定所)

日本電気計器検定所は10月18日、同所のメールアカウントが不正アクセスを受けたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
日本電気計器検定所は10月18日、同所のメールアカウントが不正アクセスを受けたことが判明したと発表した。

これは10月9日午前0時03分から10月10日午前9時58分にかけて、同所のメールアカウント1件のパスワードが窃取され不正アクセスを受け、当該アカウントから543通のメール送信が行われ、また当該メールアカウントのメールボックスが窃取されたパスワードによりアクセスが可能な状態だったというもの。

メールボックス内には78社109名の氏名、所属、メールアドレス等の個人情報を含む情報があったが、特定個人情報は当該メールボックス内に含まれていないことを同所で確認しているとのこと。

同所によると、当該アカウントからのメール送信はすべてフリーメールアドレスに対して行われており、メールボックス内の109のアドレスのうち108のアドレスへはメール送信が行われておらず、残りの1アドレスはフリーメールアドレスであった。なお、対象の109名には謝罪の連絡を実施済み。

同所では10月10日午前10時2分に、メールアカウントのパスワードを変更し不正アクセスをブロックするとともに、不正アクセスを受けた部署の全ての端末をネットワークから切り離しウイルスチェックを実施し感染が無いことを確認済み。

同所では再発防止のため、使用中の全てのメールアカウントについてパスワードの設定と管理の再点検を行い、一定基準の強度を持つパスワードであることの確認を行った。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×