県立高校2校で答案用紙を紛失、成績一覧表のホワイトボードへの誤表示も発生(岐阜県) | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

県立高校2校で答案用紙を紛失、成績一覧表のホワイトボードへの誤表示も発生(岐阜県)

岐阜県は10月11日、県立学校3校にて生徒の採点済み答案用紙の紛失(2校)と定期考査成績一覧表のホワイトボードへの誤表示(1校)が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
岐阜県は10月11日、県立学校3校にて生徒の採点済み答案用紙の紛失(2校)と定期考査成績一覧表のホワイトボードへの誤表示(1校)が発生したと発表した。

1件目は岐南工業高等学校で9月26日に定期考査を実施し、翌27日に担当教諭が生徒へ採点済みの定期考査答案用紙を返却し、解答の解説等を行っている際に、欠席者の答案用紙が無くなっていることに気付き、捜索を行ったが発見に至らず紛失したというもの。

紛失したのは1名分の採点済定期考査答案用紙(B4・横・両面2枚)で、学年、学級、出席番号、氏名、得点が記載されていた。

同校では10月4日に生徒と保護者へ説明と謝罪を行い、10月10日に岐阜南警察署へ遺失届を届出した。

2件目は岐阜商業高等学校で9月20日に定期考査を実施、採点と返却を教諭2名で分担し10月1日に一方の担当教諭が担当する他科目の答案用紙を返却し、その後、考査問題の原稿等をシュレッダー処分したところ、10月3日に生徒2名から答案用紙が返却されていないと申し出があり捜索したが発見に至らず紛失したというもの。

紛失したのは2名分の採点済定期考査答案用紙(B4・横・両面1枚)で、学年、学級、出席番号、氏名、得点が記載されていた。

同校では10月8日に生徒とご補者へ説明と謝罪を行った。

3件目は大垣北高等学校で10月1日に、同校の担当非常勤講師がプロジェクターにPCを接続し、定期考査答案用紙を生徒へ返却し、課題ノートによる予習を指示し、その間、教務手帳に記載された得点をPC内のExcelに入力していたところ、一部生徒の指摘により、その作業がホワイトボードに投影されていたことが判明したというもの。

ホワイトボードに表示された成績一覧表には、57名分程度の学年、学級、出席番号、氏名、得点、課題ノートの評価点が記載されていた。

同校では10月3日に、生徒と保護者へ説明と謝罪を行った。

同県教育委員会では再発防止策として、欠席者の答案用紙は専用の保管袋に入れて管理すること、書類を廃棄する際の確認、プロジェクター等の大型提示装置を使用する場合は、予めパソコン上で投影する内容を確認した上で接続することを全県立学校へ通知した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×