Cortex XDRを利用したMDRサービスを提供開始(パロアルトネットワークス、インフォセック) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

Cortex XDRを利用したMDRサービスを提供開始(パロアルトネットワークス、インフォセック)

パロアルトネットワークスとインフォセックは、パロアルトネットワークスの検出・調査・対処アプリケーション「Cortex XDR」を利用したMDRサービス「MDRサービス powered by Cortex XDR」を9月末より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パロアルトネットワークス株式会社と株式会社インフォセックは9月12日、パロアルトネットワークスの検出・調査・対処アプリケーション「Cortex XDR」を利用したMDR(Managed Detection and Response)サービス「MDRサービス powered by Cortex XDR」を9月末より提供開始すると発表した。価格は個別見積。

Cortex XDRは、オープンなセキュリティプラットフォームCortexによりエンドポイント/ネットワーク/クラウドのデータを包括的に統合し、高度な攻撃を阻止する、検出と対処のアプリケーション。独立したEPP(Endpoint Protection)やEDR(Endpoint Detection & Response)、NTA(Network Traffic Analysis)やUEBA(User and Entity Behavior Analytics)の機能を単一のプラットフォームとアプリケーションに集約している。

異なる種類のデータをつなぎ合わせることで、アラート数を自動的に減らしつつ脅威の根本原因を明らかにし、セキュリティ担当者のインシデントへの優先順位付けと、調査に要する時間を最小限に抑えるとしている。

パロアルトネットワークスは、インフォセックへのCortex XDRをはじめとするパロアルトネットワークス製品に関する技術支援を行い、インフォセックはCortex XDRを活用した24時間365日体制での監視と脅威分析に加え、対処や再発防止対策までの運用支援を行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×