「ウイルスバスター Corp.」脆弱性への攻撃を確認、修正呼びかけ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

「ウイルスバスター Corp.」脆弱性への攻撃を確認、修正呼びかけ(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「弊社製品の脆弱性(CVE-2019-9489)を悪用した攻撃を複数確認したことによる最新修正プログラム適用のお願い」とする注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
トレンドマイクロ株式会社は9月10日、「弊社製品の脆弱性(CVE-2019-9489)を悪用した攻撃を複数確認したことによる最新修正プログラム適用のお願い」とする注意喚起を発表した。同社の法人向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション(ウイルスバスター Corp.)の脆弱性を悪用した攻撃事例が確認されているとして、修正プログラムの適用をうながす内容となっている。

同社では、「ウイルスバスター Corp.」におけるディレクトリトラバーサルの脆弱性について、2019年4月4日に情報を公開している。この脆弱性は、「ウイルスバスター コーポレートエディション XG SP1、XG および 11.0 SP1」「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0、9.5 および 9.0」に存在するもの。

この脆弱性が悪用されると、ウイルスバスター Corp. サーバ、もしくはウイルスバスター ビジネスセキュリティ(ビジネスセキュリティ)サーバの任意のファイルを変更でき、その結果、管理コンソールへ管理者権限でログオンできてしまい、検索設定など任意の設定を変更されてしまう恐れがある。同社では、最新の修正プログラムの適用を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×