弘前大学がOffice 365のフィッシング対策に「Cloud App Security」導入(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

弘前大学がOffice 365のフィッシング対策に「Cloud App Security」導入(トレンドマイクロ)

弘前大学は、フィッシングメール対策の強化のために、トレンドマイクロのクラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」を導入した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は8月30日、弘前大学がフィッシングメール対策の強化のために、トレンドマイクロのクラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」を導入したと発表した。同大学では、学内のメールシステムに「Microsoft Office 365」を導入し、学内のPCだけでなく個人のPCでもクラウドメールにアクセスできる環境を提供している。

しかし、2018年5月にフィッシングメールを発端としたメールアカウント情報の漏えいが発生し、総計3,151通のメールが外部に不正転送された。同大学はこれを受け、情報セキュリティ対策を全体的に見直し、組織、教育、技術の軸で強化を実施した。このうち技術面での対策では、多要素認証の導入に加え、「Trend Micro Cloud App Security」によりメールセキュリティ対策を強化した。

「Trend Micro Cloud App Security」を選んだ理由は、フィッシングメールを高い精度で検知できるほか、内部メールの監査ができる点にあったという。この監査機能によって、万一脅威が侵入しても学内での二次拡散を防ぐことができる。また、「Microsoft Office 365」とAPI連携が可能なため、新たな機器の設置やメールの経路変更、DNSの再設定が不要であるなど、導入が容易な点も評価された。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×