マイクロソフトAzure Firewallと統合、インシデントやポリシー違反を自動修復(バラクーダネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

マイクロソフトAzure Firewallと統合、インシデントやポリシー違反を自動修復(バラクーダネットワークス)

バラクーダネットワークスは、SaaSソリューション「Barracuda Cloud Security Guardian for Azure」をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
バラクーダネットワークスジャパン株式会社(バラクーダネットワークス)は8月20日、SaaSソリューション「Barracuda Cloud Security Guardian for Azure」をリリースしたと発表した。同ソリューションは、パブリッククラウドワークロードのセキュリティ状況をエンドツーエンドで可視化し、継続的なコンプライアンスを確保しながら、セキュリティインシデントの修復を自動化するもの。

マイクロソフトのAzure Firewallと統合されており、Microsoft Graph Security APIによってセキュリティスコアを計算し、攻撃の可能性が高いセキュリティポリシー違反を検出、アラートを送信し防止する。セキュリティポリシーは、CIS(Center for Internet Security)ベンチマークに基づいて作成されたものを実装。クラウドエコシステムの対話型マップや、直感的なドリルダウンと関係識別子、およびセキュリティポリシー違反の修復の自動化を提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×