不正アクセスで身に覚えのないセキュリティコード通知(NTTドコモ) | ScanNetSecurity
2019.10.17(木)

不正アクセスで身に覚えのないセキュリティコード通知(NTTドコモ)

株式会社NTTドコモは7月19日、外部からの不正アクセスにより顧客に身に覚えのないセキュリティコード通知が届く事象が確認されたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社NTTドコモは7月19日、外部からの不正アクセスにより顧客に身に覚えのないセキュリティコード通知が届く事象が確認されたと発表した。

これは第三者からの不正アクセスに対し、dアカウントの2段階認証により顧客にメール、SMS、dアカウント設定アプリから通知が届くというもので、実際に不正ログインは行われていないとのこと。

同社ではさらなるセキュリティ強化のために、2段階認証の設定を「強(推奨)」にした上で、dアカウントのIDとパスワード変更も行うよう推奨している。

またIDとパスワードについて、他社サービスと違うID・パスワードの設定、第三者が容易に推測できないID・パスワードの設定、ID・パスワードを第三者に見られないようにすることを注意事項として挙げている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×