会員サイト改ざん被害、CMSの脆弱性利用し他サイトへ誘導(北海道大学東京同窓会) | ScanNetSecurity
2019.10.16(水)

会員サイト改ざん被害、CMSの脆弱性利用し他サイトへ誘導(北海道大学東京同窓会)

北海道大学東京同窓会は7月18日、同会の会員サイトにて第三者からの不正アクセスによりサイトの一部が改ざんされた事が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
北海道大学東京同窓会は7月18日、同会の会員サイトにて第三者からの不正アクセスによりサイトの一部が改ざんされた事が判明したと発表した。

これは第三者からの不正アクセスにより、同サイトで使用しているCMSのセキュリティホールを利用し他のサイトへ誘導する仕組みが追加されたというもの。

同会では、サイトを一時閉鎖しコンテンツを復旧するとともに、CMSのセキュリティ対策の強化を行った。

同会では今後、対策・監視をさらに強化し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×