麻布地区政策分科会委員へメール誤送信、31名のアドレス流出(港区) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

麻布地区政策分科会委員へメール誤送信、31名のアドレス流出(港区)

東京都港区は7月4日、同区の麻布地区総合支所協働推進課にて区民参画組織麻布を語る会「麻布地区政策分科会」の複数の委員にメール送信する際、誤って他の受信者にもメールアドレスが表示される状態で送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京都港区は7月4日、同区の麻布地区総合支所協働推進課にて区民参画組織麻布を語る会「麻布地区政策分科会」の複数の委員にメール送信する際、誤って他の受信者にもメールアドレスが表示される状態で送信したことが判明したと発表した。

これは7月3日に、分科会の開催通知のメール受取希望者にメール送信する際、誤って宛先のメールアドレスを全て「To」に入力し、送信前の職員間チェックをせずにそのまま送信したというもので、翌7月4日朝に他の職員の事後確認で誤送信が判明した。

漏えいしたのは31名のメールアドレス。

同区では、メールを送信した31名にメール及び電話で経緯を説明し謝罪を行った。

同区では今後、メール送信時には送信先と送信方法を他の職員と確認し合うルールを徹底し、再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×