組合ドメインを装った「なりすましメール」が不正に送信(JA仙台) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

組合ドメインを装った「なりすましメール」が不正に送信(JA仙台)

仙台農業協同組合は6月17日、同組合ドメイン(@jasendai.or.jp)を装った「なりすましメール」が不正に送信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
仙台農業協同組合は6月17日、同組合ドメイン(@jasendai.or.jp)を装った「なりすましメール」が不正に送信されたことが判明したと発表した。

これは6月13日頃から確認され、当該メールを受信した通報者の連絡により判明したというもの。同組合では、内容に心当たりがなく怪しいメールや業務に無関係なメールを受信した場合は、添付ファイルの開封やメール本文中のURLのクリックを行わず、メールごと削除するよう呼びかけている。

同組合では対策として、なりすましメールの送信を防止するために原因となった仙大豆サーバの機能を停止し、内外部からの通信の利用を不可能とした。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×