SaaSへの通信経路を自動制御するクラウドプロキシサービス(IIJ) | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

SaaSへの通信経路を自動制御するクラウドプロキシサービス(IIJ)

IIJは、クラウド型のSD-WANサービス「IIJ Omnibusサービス」の機能を拡充し、Office 365等のクラウドサービス(SaaS)への通信をIIJ Omnibusのサービス基盤上で自動的に経路制御する「IIJクラウドプロキシサービス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月3日、クラウド型のSD-WANサービス「IIJ Omnibusサービス」の機能を拡充し、Office 365等のクラウドサービス(SaaS)への通信をIIJ Omnibusのサービス基盤上で自動的に経路制御する「IIJクラウドプロキシサービス」の提供を同日より開始したと発表した。利用料金は、初期費用が120,000円から、月額費用が163,000円から。

同サービスは、Office 365を始めとするSaaSへのWebアクセスによるトラフィックを、クラウド上にあるIIJ独自開発のプロキシサーバがユーザのポリシーに沿って適切に経路制御するもの。ファイアウォールやプロキシ、Webフィルタリングサーバなどインターネットゲートウェイ機器の負荷を軽減するとともに、Office 365のアドレス情報を自動的に取得し、IIJ独自の宛先リストテンプレートとして提供される。企業のOffice 365利用で不要なアドレスの除外も自動更新されるため、管理者の負荷を軽減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×