大江分院にて個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(福知山市民病院) | ScanNetSecurity
2019.11.18(月)

大江分院にて個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(福知山市民病院)

京都府の福知山市立福知山市民病院は6月21日、大江分院にて個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
京都府の福知山市立福知山市民病院は6月21日、大江分院にて個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

紛失したUSBメモリには、患者氏名や生年月日といった情報は含まれていないが患者366名分のID、イニシャル、性別、年齢、病名、検査結果等のデータが含まれていた。同院によると、院外にて本情報を閲覧したのみでは個人の特定は困難という。

同院では、個人情報の院外への持出は禁止しており、USBメモリを使用する際も指定のセキュリティ機能が付いたものに限定していたが、本件では私物のUSBメモリが使用され院外への持ち出しが行われ紛失した。

同院では当該患者に対して、本件の説明と謝罪を文書にて順次送付予定。

同院では今後、今まで以上に個人情報の管理徹底をはかり再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×