不正アクセスされた消防団のメールアカウント踏み台に、約2,200件メール送信(高岡市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.18(木)

不正アクセスされた消防団のメールアカウント踏み台に、約2,200件メール送信(高岡市)

富山県高岡市は5月29日、高岡市消防団のメールアカウント情報1件が不正に取得され、外部へのメール送信に利用されていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
富山県高岡市は5月29日、高岡市消防団のメールアカウント情報1件が不正に取得され、外部へのメール送信に利用されていたことが判明したと発表した。

これは5月28日午後11時10分頃から5月29日午前0時15分頃にかけて、高岡市消防団のメールアカウントに不正ログインされ「info@takaoka-bundan.com」から約2,200件のメールが送信されたというもの。メールの本文中にはURLが含まれていた。URLが有害か無害か高岡市は判断していない。

高岡市消防本部では、5月29日午前10時45分に高岡市消防団のメールアドレスは停止したが、「info@takaoka-bundan.com」からメール受信したユーザーは、URLをクリックせずに削除するよう呼びかけている。

なお5月29日午後3時現在、本件による情報漏えいは無いとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×