500 万人の「人声」録音データ消去へ、生体認証データが GDPR 抵触(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.22(火)

500 万人の「人声」録音データ消去へ、生体認証データが GDPR 抵触(The Register)

歳入関税庁 ( HMRC )、即ち税務署は、生体 ID 作成に利用した 500 万人の音声録音の消去に同意した。

国際 TheRegister
 歳入関税庁 ( HMRC )、即ち税務署は、生体 ID 作成に利用した 500 万人の音声録音の消去に同意した。

 ボイス ID は同庁電話回線へのアクセス速度を上げるために利用されていたが、GDPR ( EU一般データ保護規則 ) 実施以前に作成されていたため、より厳しくなった規則に抵触することとなった。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×