語学レッスン予約プラットフォームの外部システムへの不正アクセスを確認(フラミンゴ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.05.23(木)

語学レッスン予約プラットフォームの外部システムへの不正アクセスを確認(フラミンゴ)

株式会社フラミンゴは5月4日、同社が運営する語学レッスン予約プラットフォームサービス「フラミンゴ」のシステムに対する第三者からの不正アクセスが発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社フラミンゴは5月4日、同社が運営する語学レッスン予約プラットフォームサービス「フラミンゴ」のシステムに対する第三者からの不正アクセスが発生したと発表した。

これは5月3日午前1時頃に、同社システムのソースコードを管理している外部システムのGithubのアカウントに不正アクセスがありソースコードの一部が閲覧されたというもの。

現在のところ、ユーザーの個人情報流出の事実は確認されていないが、同社では引き続き、原因の調査やシステム安全性の強化と再発防止に取り組む。

また同社では、システムのセキュリティ強化のために、5月7日午前1時から5時までメンテナンスを実施するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×