誤送信で3、4年生全員のメールアドレスと氏名が流出(盛岡大学・盛岡大学短期大学部) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.19(木)

誤送信で3、4年生全員のメールアドレスと氏名が流出(盛岡大学・盛岡大学短期大学部)

盛岡大学・盛岡大学短期大学部は4月27日、誤送信による他学生の氏名、メールアドレスの流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
盛岡大学・盛岡大学短期大学部は4月27日、誤送信による他学生の氏名、メールアドレスの流出が判明したと発表した。

これは4月24日午前10時20分頃に、同学の3、4年生全員に就職講座に関するメールを送信した際に、CCに全アドレスを入力し一斉送信したために、学生が受信したメールの宛先欄に、他の学生の氏名とアドレスが表示されたというもの。

同学では、メールを受信した学生に対し、謝罪と当該メールの削除を依頼した。

同学では今後、教職員の規律を高め、各種個人情報の保護対策を強化し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×