登録農家への果樹の管理情報を誤送信、167名分のアドレスが流出(富山県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.19(木)

登録農家への果樹の管理情報を誤送信、167名分のアドレスが流出(富山県)

富山県は4月26日、富山農林振興センターから登録した農家へのメール送信の際に個人情報の流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
富山県は4月26日、富山農林振興センターから登録した農家へのメール送信の際に個人情報の流出が判明したと発表した。

これは4月26日午前8時40分に、富山農林振興センターから予め登録した農家等へ定期的に配信している果樹の管理情報をメール送信する際に、誤って受信者167名のアドレスが他の受信者から閲覧できる状態で送信したというもの。

同センターでは4月26日午前9時3分に、メール受信者167名全員にメールを送信し、謝罪と当該メールの削除を依頼した。

同県では今後、メール送信時には細心の注意を払うよう指導を徹底し、再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×