誤送信で「劇場版おっさんずラブ」エキストラ応募者のアドレスが流出(テレビ朝日) | ScanNetSecurity
2019.10.21(月)

誤送信で「劇場版おっさんずラブ」エキストラ応募者のアドレスが流出(テレビ朝日)

株式会社テレビ朝日は4月25日、「劇場版おっさんずラブ」の千葉県内での撮影に関しエキストラ応募者にメールを送信した際、一部の応募者のメールアドレスが互いに認識できる状態になったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社テレビ朝日は4月25日、「劇場版おっさんずラブ」の千葉県内での撮影に関しエキストラ応募者にメールを送信した際、一部の応募者のメールアドレスが互いに認識できる状態になったことが判明したと発表した。

これは4月23日夜に、エキストラ応募者658名にメールを送信した際、331名の応募者に対し誤ってTo欄に送信先のアドレスを入力して一斉送信したというもので、メール受信した応募者331名はアドレスを互いに認識できる状態となった。

同社では既に、当該応募者に連絡を取り経緯について説明するとともに謝罪を行った。

同社では今後、制作現場でのメールの送信作業をより慎重に行う等、個人情報の取扱いについて周知徹底を図り再発を防止するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×