相談件数が前四半期から約25%減少、偽警告のみ増加(IPA) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

相談件数が前四半期から約25%減少、偽警告のみ増加(IPA)

IPAは、「情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2019年第1四半期(1月~3月)]」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月23日、「情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2019年第1四半期(1月~3月)]」を発表した。このレポートは、同四半期の間にセキュリティセンターで対応した「相談」の統計についてまとめたもの。同四半期に寄せられた相談件数は3,385件で、前四半期から約24.4%減少した。このうち2,184件を相談員が対応している。

相談のうち、ウイルスを検出したという偽警告で不安を煽り、電話をかけさせてサポート契約やソフトウェア購入に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談件数は549件で、前四半期から約19.9%増加している。「ワンクリック請求」に関する相談は61件で、前四半期から約41.9%減少した。「不正ログイン」に関する相談は、前四半期から約26.6%減少の83件であった。

また、「宅配便業者をかたる偽SMS」に関する相談は335件、「仮想通貨で金銭を要求するセクストーションメール」に関する相談は117件寄せられており、ともに前四半期から減少している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×