日本の芸能人の名前を件名にした“Love You”マルウェアスパムが急増(キヤノンMJ) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

日本の芸能人の名前を件名にした“Love You”マルウェアスパムが急増(キヤノンMJ)

キヤノンMJは、2019年1月、2月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は4月5日、2019年1月、2月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。同レポートは、国内で利用されているウイルス対策ソフトウェア「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」のマルウェア検出データを元にしたもの。

国内におけるマルウェアの検出数は、2018年12月から増加した(2018年9月を100%として、12月は47%、2019年1月、2月はそれぞれ70%、59%)。検出されたマルウェアでは、ダウンローダーである「JS/Danger.ScriptAttachment」が28.1%でもっとも多かった。これに、HTMLに埋め込まれた不正スクリプト「HTML/ScrInject」(8.3%)、アドウェア「JS/Adware.Agent」(8.0%)が続いた。

「JS/Danger.ScriptAttachment」は、2019年に入って検出数が急増した。これは、1月以降に悪意のあるJavaScriptを含むzipファイルを添付したメール攻撃が多数確認されたため。添付ファイル名が「Love_you_<数字>」となっていたことから、ESETではこの攻撃を“Love You”malspam campaignと呼んでいる。また、メールの件名が日本の芸能人の名前になっている。その86%は日本で確認されているため、このキャンペーンは日本を主なターゲットにした攻撃であったと推測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×