グランシップでの催事主催者情報を含んだファイルを誤送信(静岡県文化財団) | ScanNetSecurity
2019.10.24(木)

グランシップでの催事主催者情報を含んだファイルを誤送信(静岡県文化財団)

公益財団法人静岡県文化財団は3月20日、同財団が運営する施設グランシップでの催事の主催者情報を含んだファイルを誤送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公益財団法人静岡県文化財団は3月20日、同財団が運営する施設グランシップでの催事の主催者情報を含んだファイルを誤送信したことが判明したと発表した。

これは3月12日に、6月発行予定の同施設情報誌「GRANSHIP」に掲載するイベントカレンダーを作成するために情報掲載の可否を問い合わせする際に、リスト化された催事主催者情報を含むファイルを誤って添付し24件の主催者に送信したというもの。誤送信したメールには、同施設での2019年4月から9月までの予約情報84件が含まれていた。

誤送信判明後、同財団では送信先に当該メールの削除を依頼し3月18日までに全て削除済みであることや外部への転送がないことを確認しており、該当する催事主催者全てに経緯の説明と再発防止策を記載した文書を送付済み。

同財団では今後、メール送信の際には、利用者等の個人情報の管理と流出防止の確認を全職員に徹底し、また財団職員への個人情報の管理教育を強化し再発防止に努める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×