「キョードー東京チケットオンライン」にて一部の顧客情報が別のユーザーに表示される不具合(キョードー東京) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.23(火)

「キョードー東京チケットオンライン」にて一部の顧客情報が別のユーザーに表示される不具合(キョードー東京)

株式会社キョードー東京は3月16日、同社が運営するチケット販売サイト「キョードー東京チケットオンライン」にて一部の顧客情報が別のユーザーに誤って表示される事故が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社キョードー東京は3月16日、同社が運営するチケット販売サイト「キョードー東京チケットオンライン」にて一部の顧客情報が別のユーザーに誤って表示される事故が発生したと発表した。

これは3月15日より、同サイトが高負荷によりアクセスしづらい状況となったため、翌3月16日午前4時7分にシステム会社が改善措置を実施した際、不十分な点があったことが原因。

漏えいの対象となるのは3月16日午前4時7分から8時17分の間に同サイトにアクセスしたユーザー最大1,600件で、氏名、性別、電話番号、住所、生年月日、メールアドレス、秘密の質問、秘密の質問の答え、ID、パスワードが他のユーザーに表示された可能性がある。

なお銀行口座やクレジットカード番号などの信用情報は流出しておらず、上記期間に同サイトを閲覧、予約手続き等をしていない顧客の情報は表示されていない。

同社では事故発生後、販売サイトを停止しており、復旧次第、会員情報変更ページにてメールアドレスとパスワードの変更手続きをするよう漏えいの対象となったユーザーに呼びかけている。

同社では今後、システム会社との連携を強化し、作業内容の確認を徹底し再発防止を図るとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×