誤って宛先に顧客のアドレスを設定した状態で社内報告メールを送信(三福綜合不動産) | ScanNetSecurity
2019.10.18(金)

誤って宛先に顧客のアドレスを設定した状態で社内報告メールを送信(三福綜合不動産)

松山市周辺の不動産を扱う株式会社三福綜合不動産は3月12日、同社が運営する三福売買ステーションにて社内報告メールで誤送信があり顧客のメールアドレス流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
松山市周辺の不動産を扱う株式会社三福綜合不動産は3月12日、同社が運営する三福売買ステーションにて社内報告メールで誤送信があり顧客のメールアドレス流出が判明したと発表した。

これは3月8日に、同社の営業担当者が業務上のメールを社内関係者へ送信する際に誤って顧客のメールアドレスを送信先に追加して送信したというもので、翌3月9日顧客からの指摘で判明した。

流出したのは、顧客のメールアドレス数件と3月8日に報告した社内文書で、顧客の住所や電話番号など他の個人情報の漏えいはない。

なお流出したメールアドレスは全て特定済みで、誤送信した顧客全員に謝罪とメール破棄の依頼を電話にて連絡した。

同社では今後、メール送信の手順に関する運用マニュアルの見直しと再構築、社内全端末へメールソフトの送信取り消し機能を追加し再発防止を図る。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×