宛名シール重ね貼り、下の宛名透け個人情報流出(倉敷市) | ScanNetSecurity
2024.02.23(金)

宛名シール重ね貼り、下の宛名透け個人情報流出(倉敷市)

岡山県倉敷市は3月6日、同市からアンケート調査業務を委託した業者の不適切な取り扱いにより個人情報の流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
岡山県倉敷市は3月6日、同市からアンケート調査業務を委託した業者の不適切な取り扱いにより個人情報の流出が判明したと発表した。

これは委託先業者がアンケートの郵送作業において、本来廃棄すべき古い宛名シールの上に新しい宛名シールを重ねて貼り郵送したため宛名の文字が重なっていない箇所で下の宛名の一部が透けて見える状態となったというもの。

流出したのは、アンケートを送付した6,950人の郵便番号、住所、氏名で、1人分の個人情報が別の1人へ郵送された。

3月6日に、同市と委託先業者からの謝罪の手紙を,個人情報が別の人へ届いた対象者に郵送し、併せて宛名シールが重ねて貼られたアンケート封筒の回収への協力を依頼する同市への返信用封筒も同封した。

同市では今後、委託先業者へ指導するとともに,同市も個人情報を取り扱う業務の管理を改めて徹底し再発を防ぐ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×