IT担当者による「パブリック・クラウドにおける4大セキュリティ脅威」(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.20(水)

IT担当者による「パブリック・クラウドにおける4大セキュリティ脅威」(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、「チェック・ポイント サイバー攻撃トレンド2019年レポート」のパート3を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は3月5日、「チェック・ポイント サイバー攻撃トレンド2019年レポート」のパート3を発表した。同レポートでは、今日の企業ITインフラストラクチャにおける最大の弱点、つまりパブリック・クラウド環境とモバイル環境を狙ったサイバー攻撃の増加に着目している。

レポートによると、2018年に世界中の組織の18%がクラウド関連のセキュリティ・インシデントを経験した。特に多かったインシデントは、情報漏えい・データ侵害、アカウントの乗っ取り、マルウェア感染であった。

IT担当者への調査から、パブリック・クラウドにおける4大セキュリティ脅威は「情報漏えい・データ侵害につながるクラウド・プラットフォームの設定ミス(62%)」「クラウド・リソースへの不正アクセス(55%)」「セキュリティが不十分なインタフェース/API(50%)」「アカウントやデータ・トラフィックの乗っ取り(47%)」となった。

また、認識の欠如も明らかになっている。IT担当者の30%は、現在も「クラウドにおけるセキュリティ対策はプロバイダ側の責任」と考えており、IT担当者の59%はモバイル脅威対策を導入していない。モバイル脅威を重大なセキュリティ・リスクと捉えているIT担当者はわずか9%であることも明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×