IT担当者による「パブリック・クラウドにおける4大セキュリティ脅威」(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

IT担当者による「パブリック・クラウドにおける4大セキュリティ脅威」(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、「チェック・ポイント サイバー攻撃トレンド2019年レポート」のパート3を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は3月5日、「チェック・ポイント サイバー攻撃トレンド2019年レポート」のパート3を発表した。同レポートでは、今日の企業ITインフラストラクチャにおける最大の弱点、つまりパブリック・クラウド環境とモバイル環境を狙ったサイバー攻撃の増加に着目している。

レポートによると、2018年に世界中の組織の18%がクラウド関連のセキュリティ・インシデントを経験した。特に多かったインシデントは、情報漏えい・データ侵害、アカウントの乗っ取り、マルウェア感染であった。

IT担当者への調査から、パブリック・クラウドにおける4大セキュリティ脅威は「情報漏えい・データ侵害につながるクラウド・プラットフォームの設定ミス(62%)」「クラウド・リソースへの不正アクセス(55%)」「セキュリティが不十分なインタフェース/API(50%)」「アカウントやデータ・トラフィックの乗っ取り(47%)」となった。

また、認識の欠如も明らかになっている。IT担当者の30%は、現在も「クラウドにおけるセキュリティ対策はプロバイダ側の責任」と考えており、IT担当者の59%はモバイル脅威対策を導入していない。モバイル脅威を重大なセキュリティ・リスクと捉えているIT担当者はわずか9%であることも明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×