57名分の通知表などを含む個人情報が保存されたUSBメモリを教諭が紛失(一戸町) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

57名分の通知表などを含む個人情報が保存されたUSBメモリを教諭が紛失(一戸町)

岩手県一戸町は2月19日、同町立学校において個人情報を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(一戸町立学校におけるUSBメモリ紛失について)
岩手県一戸町は2月19日、同町立学校において個人情報を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

これは2月6日に、同町立学校所属の教諭が自宅で仕事を行うために個人所有のUSBメモリ2本をポーチに入れて帰宅し、翌7日午前3時に自宅でポーチの存在を確認、その後自宅を出て盛岡市内での用務を終えて午前10時10分に職場に出勤した際にポーチの紛失が発覚したというもの。

当該教諭は、自宅や当日の立ち寄り先を捜索したが発見に至らず、2月12日に同校校長へ報告、同日中に校長から教育委員会に報告した。

紛失したUSBメモリには57名分の通知表などを含む個人情報が保存されていたが、暗号化やパスワード設定など不正利用を防止するための措置は講じられていなかった。

2月19日現在、当該USBメモリは未発見だが情報の悪用等の被害は報告されていない。

当該教諭の所属校では、2月15日に保護者向け説明会を開催し、事故の概要説明と謝罪を行った。

同町教育委員会では再発防止のため2月14日に、町内全小中学校の緊急点検を実施し一戸町教育情報セキュリティポリシーに違反する事例が他にないことを確認した。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  4. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  5. 東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

  6. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  7. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染、顧客4名の個人情報が流出の可能性

  8. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

  9. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  10. 自動車用車体プレス部品の製造等を行う J-MAX の連結子会社に不正アクセス、生産や出荷に影響はなし

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×