チケットの案内に関するメール誤送信、データ編集時の操作ミスでアドレスと顧客情報にズレ(阪神タイガース) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

チケットの案内に関するメール誤送信、データ編集時の操作ミスでアドレスと顧客情報にズレ(阪神タイガース)

株式会社阪神タイガースは2月19日、2月13日に公表したチケットの案内に関するメールでの個人情報の誤送信について調査結果を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社阪神タイガースは2月19日、2月13日に公表したチケットの案内に関するメールでの個人情報の誤送信について調査結果を発表した。

これは2月13日に公表した、同社の業務委託先から2月12日午後2時頃に発信されたチケットの案内メールにて本人以外の情報が誤表記されていた件の続報。

業務委託先の送信データ編集時の人的な操作ミスが原因で、送信データのメールアドレスと顧客情報にズレが生じ、本人以外の情報(氏名漢字、氏名カナ、電話番号)が表示された状態となった。なお対象のユーザーは1,369アドレス分。

同社では今後、業務委託先と協議の上で再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×