国内改ざんサイトの実例を紹介(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

国内改ざんサイトの実例を紹介(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「Digital Arts Security Reports」の第一回として「改ざんされたWebサイトの危険性:1」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
デジタルアーツ株式会社は2月19日、「Digital Arts Security Reports」の第一回情報発信として「改ざんされたWebサイトの危険性:1」を公開した。Digital Arts Security Reportsは、最新のサイバー攻撃やセキュリティインシデントの傾向や知見をまとめたレポート。今後、無償の情報提供サービス「Dアラート」の結果や、日々調査・収集しているWebサイトやメールの情報を分析した内容を公開していくという。

「改ざんされたWebサイトの危険性:1」では、同社が実際に確認したWebサイトの中から、「改ざんされたWebサイトの危険性」の一端を紹介している。2018年11月、「i-FILTER」Ver.10のクラウドLookup機能によってデジタルアーツに届いた不審なURLが、正規の企業サイトを起点としていたことが明らかになった。解析の結果、このサイトにアクセスすると「hxxp://134[.]249[.]116[.]78/」へ自動的にリダイレクトされるようになっており、そこからさらにリダイレクトがくり返されていた。

ただし、最初のリダイレクト先は、アクセスしたユーザ環境(ブラウザの種類やIPアドレスなど)や時期によってレスポンスが異なり、最終的に偽のセキュリティ警告が表示されるなど、誘導される悪意のあるWebサイトも複数確認された。また、不審なURLへリダイレクトされるのは、通常のブラウザによる初回のアクセスだけであった。その場合は真っ白なページが表示された。なお、改ざんされたサイトのドメインを調査すると、検索エンジンに日本語のショッピングページのタイトルが記載されたインデックスがあった。これらは、日本のショッピングサイトを模倣したもので、SEOポイズニングを狙っていたと考えられるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×