委託先の事業者が研修会の案内メールを誤送信、45件の個人メールアドレスが流出(東京観光財団) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.16(日)

委託先の事業者が研修会の案内メールを誤送信、45件の個人メールアドレスが流出(東京観光財団)

公益財団法人東京観光財団は2月4日、委託先の事業者が都内観光協会や観光連盟の関係者に研修会の案内メールを送信した際に宛先をCCに入力して送信しメールアドレスが流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公益財団法人東京観光財団は2月4日、委託先の事業者が都内観光協会や観光連盟の関係者に研修会の案内メールを送信した際に宛先をCCに入力して送信しメールアドレスが流出したと発表した。

これは2月1日午後4時8分に、「観光人材育成支援事業」の受託事業者が、観光協会や観光連盟の関係者に研修会の案内メール75件を送信した際、誤ってメールアドレスを「CC」に入力し送信したため45件の個人メールアドレスが、他の受信者に見える状態となったというもの。

受託事業者が午後5時54分に、全送信先にメールと電話にて謝罪とメール削除依頼を行った。

同財団では、職員及び受託事業者等に対し電子メール送信時における注意喚起を改めて周知し再発防止に努める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×