顧客情報が記載された「ご予約伝票」を紛失、商品の配送も行えず(タワーレコード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.17(日)

顧客情報が記載された「ご予約伝票」を紛失、商品の配送も行えず(タワーレコード)

タワーレコード株式会社は2月5日、同社が運営するタワーレコード京都店において顧客情報が記載された「ご予約伝票」の紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
タワーレコード株式会社は2月5日、同社が運営するタワーレコード京都店において顧客情報が記載された「ご予約伝票」の紛失が判明したと発表した。

これは2018年12月22日、23日に京都パルスプラザにて開催された「ポルノ超特急」会場にて、ROTTENGRAFFTY作品「PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018 in NIPPONBUDOKAN」の予約受付時に、顧客が記載した「ご予約伝票」6枚の紛失が該当商品出荷日である1月30日に判明したというもの。同店では、事務所や店内を調査するも該当伝票の発見には至らなかった。

紛失したのは「ご予約伝票」に記載された6名の顧客の氏名、住所、電話番号。

同店では、本件該当6名の顧客が特定できず、現時点で商品の配送が行えておらず、心当たりのある顧客は「ご予約伝票お客様控え」を準備の上で同店または同社カスタマーサービス、フリーダイヤルまで連絡するよう呼びかけている。

同社では再発防止対策として、予約方法の改善、ならびに個人情報が記載された文書管理と環境整備、スタッフへの教育を徹底に努める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×