Windows10 導入企業 4 割がセキュリティ強化のためと回答(GfKジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.17(水)

Windows10 導入企業 4 割がセキュリティ強化のためと回答(GfKジャパン)

GfKジャパンは、「企業の情報化投資に関する調査」の結果から、企業の情報化投資やハードウェアの導入状況について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
GfKジャパンは2月5日、「企業の情報化投資に関する調査」の結果から、企業の情報化投資やハードウェアの導入状況について発表した。同調査は2018年8月10日から8月20日まで、企業の情報システム関連従事者を対象に、インターネット調査により実施したもの。調査結果によると、2017年度の情報化投資実績が前年より増加した事業所は51%と、ここ数年で初めて過半に達した。

投資対象分野としてもっとも多かったのはハードウェアで、62%の事業所が「投資を行った」と回答した。「セキュリティ」がこれに続き32%、「ソフトウェア」「運用・保守」「システム開発」はそれぞれ20~21%、クラウドコンピューティングは12%となった。大きな増減がない中で、セキュリティとクラウドコンピューティングは3年連続で投資を行う事業所の割合が拡大した。

情報化投資の主要分野であるハードウェアにおいて、もっとも投資が活発なカテゴリーはPCであり、17年度では38%の事業所が「投資を行った」と回答した。2020年1月のWindows7サポート終了に伴い、Windows10への買替え需要が高まっているとみている。Windows10の導入理由として、もっとも多かったのは「セキュリティ強化のため」であり、前回調査から9ポイント増加し、導入済み企業の41%を占めた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×