BCCをTOに、年賀メールの誤送信で294人のユーザーのアドレスが流出(フレイムグラフィックス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

BCCをTOに、年賀メールの誤送信で294人のユーザーのアドレスが流出(フレイムグラフィックス)

ゲームや音楽、広告等のデザイン等を手がける株式会社フレイムグラフィックスは1月7日、同社が運営する「KARAOKE DEPT.」からメールの誤送信でメールアドレスが流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
ゲームや音楽、広告等のデザイン等を手がける株式会社フレイムグラフィックスは1月7日、同社が運営する「KARAOKE DEPT.」からメールの誤送信でメールアドレスが流出したと発表した。

これは1月7日午後5時55分ごろに「KARAOKE dept. 2019新年のご挨拶」のメールを送信の際に、本来は「BCC」にメールアドレスを入力すべきところ誤って「TO」欄に記載し受信者に互いのアドレスが表示される状態となったというもの。

同社では同日午後6時38分に、受信者294人全員にメールで謝罪と当該メール削除を依頼済み。

同社では今後、再発防止のためにスタッフ一同に周知徹底するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×