医学部附属病院の看護師が持ち出した患者情報が車上荒らしの被害に(香川大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.24(木)

医学部附属病院の看護師が持ち出した患者情報が車上荒らしの被害に(香川大学)

国立大学法人香川大学は1月4日、同学医学部附属病院での患者情報漏えいについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人香川大学は1月4日、同学医学部附属病院での患者情報漏えいについて発表した。

これは1月2日に、同学医学部附属病院の病棟勤務の看護師が日勤終了後に業務で使用する患者情報を記入した用紙をバッグに入れて車で持ち帰り、そのバッグを車内に放置したところ、1月3日午後4時から1月4日午前7時の出勤時までの間に何者かによって車の窓ガラスが割られ当該バッグが盗難に遭ったというもの。

当該看護師は1月4日午前7時に高松東警察署に連絡し事情聴取を受けた後、附属病院の上司に報告を行った。同院では、漏えいの対象となった患者への事実関係の連絡と謝罪は実施済みで、改めて警察の調査結果等を踏まえて経緯と顛末等を報告予定。

盗難にあったのは、業務で使用する最大39人分の患者情報(患者氏名、年齢、病名等)を記入した用紙。

同学では、同病院職員と全教職員に対して個人情報が含まれた書類等の学外持出厳禁を周知徹底するとともに個人情報保護に関する研修・管理体制の見直しを行い再発防止に努める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×