「APT10」によるサイバー攻撃に強い懸念、各国の発表を支持(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.21(木)

「APT10」によるサイバー攻撃に強い懸念、各国の発表を支持(NISC)

NISCは、「APT10といわれるグループによるサイバー攻撃について」とする注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は12月20日、「APT10といわれるグループによるサイバー攻撃について」とする注意喚起を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)もこれを受け、「内閣サイバーセキュリティセンターによる注意喚起について」を発表している。注意喚起は、外務報道官談話が発出されたことに対するもの。

12月20日から21日(現地時間)にかけて、英国および米国等は、中国を拠点とするAPT10といわれるサイバー攻撃グループに関して声明文を発表した。日本においても、APT10からの民間企業、学術機関等を対象とした長期にわたる広範な攻撃を確認しており、強い懸念をもって注視してきたことから、サイバー空間におけるルールに基づく国際秩序を堅持するというこれらの国の決意を強く支持するとしている。今後とも、政府として国内のサイバーセキュリティ対策の徹底に関する注意喚起を実施する予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×