「不正アクセス感謝祭」の一環としてWebサーバが改ざん被害(えびすや) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

「不正アクセス感謝祭」の一環としてWebサーバが改ざん被害(えびすや)

株式会社えびすやは11月28日、同社Webサーバへ不正アクセスがありWebサイトの内容を改ざんされたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社えびすやは11月28日、同社Webサーバへ不正アクセスがありWebサイトの内容を改ざんされたことが判明したと発表した。

これは11月21日からアメリカの感謝祭を模倣した「不正アクセス感謝祭」という世界的なハッキング活動があり、その一環として同社Webサーバが攻撃されたというもの。同社を狙った攻撃ではなく不特定多数を狙った攻撃に同社Webサーバも巻き込まれた。

同社では11月24日16:04にサーバをすべて停止し、11月26日22:07にサーバ内にあった不正プログラムを全て削除し、Webサイトを復旧させた。 本件による個人情報の流出は現時点では確認されていない。

今後、同社では、更なるセキュリティの強化を図り、不正アクセスの防止に努める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×