2019年度セキュリティ動向、8つの脅威を予測(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.24(木)

2019年度セキュリティ動向、8つの脅威を予測(ウォッチガード)

ウォッチガードは、2019年における情報セキュリティ業界の動向予測を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は11月27日、2019年における情報セキュリティ業界の動向予測を発表した。製品利用者への周知を目的に、開発者が報告を行った。予測では、可能性が非常に高いものから斬新なものまで8つの項目を掲げており、いずれも未然に防ぐことが可能であるとしている。

ウォッチガード脅威ラボによる8つの2019年度セキュリティ動向予測は次の通り。

1:ファイルレスマルウェアワーム「vaporworms」が台頭
2:攻撃者によるインターネットの支配
3:国家規模のサイバー攻撃の増加を受け、国連のサイバーセキュリティ条約が成立
4:AIを活用したチャットボットによる攻撃
5:生体認証の大規模ハッキングにより認証が多要素化
6:国家規模の「Fire Sale」攻撃が現実化
7:公共機関や産業制御システムを標的としたランサムウェアにより都市機能が麻痺
8:Wi-Fi脅威の6つのカテゴリを用いたWPA3 Wi-Fiネットワークのハッキング
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×