日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議を開催、協力活動の進展など確認(総務省) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議を開催、協力活動の進展など確認(総務省)

総務省は、「第11回 日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」の結果について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
総務省は10月26日、「第11回 日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」の結果について発表した。同政策会議は10月16日から17日まで、東京において開催された。日本(林良造 武蔵野大学国際総合研究所長)およびブルネイ(シャムスル・バリ・ハジ・カミス BruCERT CEO)を議長国とし、ASEAN加盟国の経済・投資関係省庁および情報通信関係省庁の局長・審議官等、ASEAN事務局、我が国の内閣官房・総務省・外務省・経済産業省の審議官等が出席した。

同政策会議では、日・ASEANにおけるサイバーセキュリティ脅威情報共有体制の維持と、インシデント発生時の国際連携手順の確認を目的とした、情報連絡演習および机上演習について、今年度の成果が報告された。また、来年度以降も継続的に実施することが確認された。さらに、日常的な情報共有を一層充実させるために、新たなコミュニケーションツールを試験導入することに合意した。

このほか、重要インフラ防護に関する取り組みの推進や、人材育成における協力の推進について報告、確認された。次回(第12回)政策会議は、2019年秋にバンコク(タイ)で開催する予定。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×