個人情報等に関する業務委託、行政機関で50件が再委託の契約違反(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

個人情報等に関する業務委託、行政機関で50件が再委託の契約違反(総務省)

総務省は、「行政機関・独立行政法人等における個人情報等の取扱いに関する委託契約の調査結果」を公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
総務省は10月22日、「行政機関・独立行政法人等における個人情報等の取扱いに関する委託契約の調査結果」を公表した。これは、日本年金機構において、業務委託を受けた事業者が委託契約に反して再委託を行う不適切事案があったことを踏まえ、行政機関等が行った個人情報等に関する業務委託(平成29年度に係るもの)について、契約(再委託の禁止・事前承認等)に反して再委託が行われていないか等について調査を行ったもの。

調査結果によると、総契約件数22,618件のうち、委託元の承認を受けないで100%子会社に再委託を行ったものなどの契約に反する再委託が69件確認されたが(うち42件は行政機関等職員の健康診断に係るもの)、情報漏えい等はなかったとしている。内訳は、行政機関が50件、独立行政法人等が18件となっており、行政機関では法務省がもっとも多く(16件)、独立行政法人等では国立病院機構がもっとも多かった(6件)。総務省では、子会社への再委託も再委託の制限の対象であることなどについて、行政機関等に対して注意喚起を行ったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×