Proxyログ分析パッケージ提供開始(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

Proxyログ分析パッケージ提供開始(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、Web Proxyログを活用し、セキュリティやシステム運用の観点で有効なレポート作成やログ分析をすぐに始めることができるソリューション「プロキシログ分析 はじめてセット」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社は10月16日、Web Proxyログを活用し、セキュリティやシステム運用の観点で有効なレポート作成やログ分析をすぐに始めることができるソリューション「プロキシログ分析 はじめてセット」の提供を同日より開始したと発表した。

同ソリューションは、Symantec社が提供するCASBやWeb分離(無害化)を含めたWebセキュリティ基盤を実現する「Symantec Proxy SG(旧製品名:Blue Coat SG)」のログを対象に、マクニカネットワークス独自のノウハウをテンプレート化した「Macnicaプロキシログ分析App」と「Splunk Enterprise」に最適な専用サーバ「Gemini Appliance」および「Splunk Enterprise」をセットで提供するもの。

これにより、「Splunk Enterprise」の導入経験がなくても、短期間で簡単に導入し、Proxyログの分析をすぐに開始することが可能となる。また、「Macnicaプロキシログ分析App」は、Web閲覧状況やProxy、エージェントなどによってブロックされたWeb一覧といったレポートやダッシュボードだけでなく、ネットワーク帯域の可視化による障害検知といったネットワーク管理にも有効な機能を提供する。さらに、構築サービスも付加サービスとして提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×