サイバー諜報の参入障壁低下、ある国家支援アクターが採った「地産地消」戦略とは(The Register) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

サイバー諜報の参入障壁低下、ある国家支援アクターが採った「地産地消」戦略とは(The Register)

新たに発見されたスパイグループは、テーラーメードの攻撃ツール利用を避け、代わりにパッチの適用されていないシステムを狙って、ネットに公開されている、ありふれたエクスプロイトツールを使用している。

国際 TheRegister
 新たに発見されたスパイグループは、テーラーメードの攻撃ツール利用を避け、代わりにパッチの適用されていないシステムを狙って、ネットに公開されている、ありふれたエクスプロイトツールを使用している。

 Gallmaker として知られるサイバースパイグループは、国名不明の西欧国家の大使館や、中東の軍事防衛施設を標的にしていると言われている。シマンテックの研究者が今日(編集部註:2018年10月10日)語ったところによると、スパイチーム Gallmaker は昨年 12 月から活動を始め、インターネットに一般公開されているコードだけを用いているという。さらに、このスパイグループは某政府の支援を受けている「らしい」。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×