社内資料を閲覧できるURLが匿名サイトに投稿、クラウドファンディング参加者の個人情報が流出(リアニメーション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

社内資料を閲覧できるURLが匿名サイトに投稿、クラウドファンディング参加者の個人情報が流出(リアニメーション)

株式会社リアニメーションは10月2日、同社の社内資料である一部の取引情報と個人情報を第三者が閲覧可能であったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社リアニメーションは10月2日、同社の社内資料である一部の取引情報と個人情報を第三者が閲覧可能であったことが判明したと発表した。

これは10月1日23時02分に、同社の社内資料である一部の取引情報と「Re:animation11」のクラウドファンディング参加者の個人情報にアクセス可能なURLが、インターネット上の匿名サイトおよび匿名アップローダーサイトに投稿されていることを同日23時28分頃に同社スタッフが発見したというもの。

流出した個人情報は「Re:animation 11」クラウドファンディングの支援者リスト401件で、購入商品、氏名、住所、電話番号が含まれていた。

同社では、当該情報にアクセス可能なリストのURLをアクセス不可に設定し、匿名サイト及び当該リストが転載されたアップローダーの運営者に対して削除依頼を実施、10月2日21時46分に匿名アップローダーサイトの投稿が削除されたことを確認したとのこと。

同社では今後、弁護士などを通じて匿名掲示板サイトおよび匿名アップローダーサイトのサービス提供者にアクセス情報などの開示を求め情報流出の原因と範囲の特定に関して調査を進める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×