「ニフクラ」向け脆弱性診断サービス(富士通クラウドテクノロジーズ、イエラエセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

「ニフクラ」向け脆弱性診断サービス(富士通クラウドテクノロジーズ、イエラエセキュリティ)

富士通クラウドテクノロジーズは、イエラエセキュリティと協業し、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」にて「脆弱性診断サービス Powered by イエラエセキュリティ」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は9月28日、株式会社イエラエセキュリティと協業し、同日より富士通クラウドテクノロジーズのパブリッククラウドサービス「ニフクラ」にて「脆弱性診断サービス Powered by イエラエセキュリティ」の提供を開始すると発表した。ニフクラ上で稼働し、かつ、インターネットに公開されているユーザのアプリケーションおよびシステムなどが診断対象となる。

同サービスは、イエラエセキュリティのセキュリティエンジニアが、ニフクラ上に構築されたWebアプリケーションやネットワークの脆弱性診断やペネトレーションテストをリモートで実施し、レポートを提供するもの。基本的な診断項目に加え、ホワイトハッカーがツールだけでは検知できない脆弱性を診断できることが強み。サービスでは、Webアプリケーション診断とネットワーク診断を提供。初期費用は1件あたり200,000円(税抜)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×