「Falconプラットフォーム」刷新、Linux対応や認定トレーニングプログラム開始(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

「Falconプラットフォーム」刷新、Linux対応や認定トレーニングプログラム開始(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、「CrowdStrike Falconプラットフォーム」の拡張と新機能を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CrowdStrikeは9月20日、「CrowdStrike Falconプラットフォーム」の拡張と新機能を発表した。同社の2年目の開催となるユーザカンファレンス「Fal.Con POWER UP」において米国時間9月18日に発表された抄訳。同プラットフォームは、Amazon Linuxを含むすべてのメジャーなLinuxのバージョン、およびDockerコンテナもサポートしているが、新たに「脅威の防御とネットワークコンテインメント(ネットワークからの隔離)機能」を追加した。これにより、クリティカルな機能をワンストップで提供する。

また、「Threat Graph」をベースとした脅威検知を拡張。同プラットフォームの巨大なデータセットを利用し、ユーザが独自のアクティビティ追跡とアラートを設定することを可能にした。ユーザはあらゆるタイプの活動を継続的に監視し、自社の環境特有の脅威をハンティングできる。さらに、脅威テレメトリーを活用することで、1週間あたり1兆件を超えるセキュリティイベントの処理を実現。以前は検知不能であった攻撃を、AIや機械学習、ふるまい分析で特定することが可能になった。このほか、新しいプロフェッショナル向け認定プログラムを開始している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×