92件の氏名、取引先電話番号が保存された社用携帯電話を一時紛失(スリーケーシー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

92件の氏名、取引先電話番号が保存された社用携帯電話を一時紛失(スリーケーシー)

株式会社スリーケーシーは9月1日、同社社員が個人情報が入った携帯端末を紛失していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社スリーケーシーは9月1日、同社社員が個人情報が入った携帯端末を紛失していたことが判明したと発表した。

これは8月17日に、同社営業部の該当社員が退社途中に社用携帯電話を紛失し、同月21日に紛失に気付き携帯電話会社に連絡したところ警察に届けられていることが発覚し、該当の携帯電話を発見したというもの。

紛失した携帯電話には約92件の氏名、取引先電話番号が保存されていた。

なお、当該携帯電話はセキュリティロックを設定済みで、現時点で登録されていた関係者の個人情報の不正使用などの事実は確認されていない。

同社では再発防止策として、社用携帯電話の管理方法ルール化と暗証番号によるデータのセキュリティロックを徹底するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×