ATMの診断など行うX-Force Redラボ設立、Black Hatで発表(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

ATMの診断など行うX-Force Redラボ設立、Black Hatで発表(日本IBM)

日本IBMセキュリティーは、新しいラボ「X-Force Redラボ」を開設すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)セキュリティーは8月20日、新しいラボ「X-Force Redラボ」を開設すると発表した。8月6日(現地時間)、米ラスベガスで開催された「Black Hat コンファレンス」において発表された。同ラボは、消費者および産業用のIoTテクノロジー、自動車用品、現金自動預払機(ATM)をはじめとするさまざまなデバイスやシステムのセキュリティのテストを専門とする4つのセキュアな施設で構成されるネットワーク。

ラボは、米国テキサス州のオースティン、英国のハーズリー、オーストラリアのメルボルン、米国ジョージア州のアトランタに開設され、同社内のハッカーからなる自律的チーム「X-Force Red」により運営される。ラボでは、製品要件の文書化、技術的な詳細分析、脅威のモデル化、セキュリティ要件の作成、侵入テストなどを行い、企業向けの支援サービスも提供する。また、銀行ATMに対する包括的な評価や、攻撃者の観点からのテスト、脆弱性修正の助言、コンプライアンスの準拠支援なども行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×