Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月17日、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

Intel製CPUでは、プログラムがメモリ上のデータへのアクセスを試みる際、物理アドレスへの変換が作られていない論理アドレスにアクセスすると、"Terminal Fault"が発生する。この処理が行われている間に、投機的実行により L1 データキャッシュからデータがロードされる可能性がある。

この脆弱性は、「L1 Terminal Fault(L1TF)SGX(Foreshadow、Foreshadow-SGX)」(CVE-2018-3615)、「L1 Terminal Fault(L1TF)OS/SMM(Foreshadow-OS)」(CVE-2018-3620)、「L1 Terminal Fault(L1TF)VMM(Foreshadow-VMM)」(CVE-2018-3646)の3つが確認されている。

これらの脆弱性により、OS、アプリケーション、SMMが使用するメモリ(CVE-2018-3620)や、SGXで保護されたenclave内のメモリ(CVE-2018-3615)、同一ホスト上の仮想マシンで使用しているメモリ(CVE-2018-3646)の内容を推測される可能性がある。JVNでは、Intelが提供するマイクロコードやBIOSのアップデート、OSベンダや仮想システムベンダが提供するアップデートの情報を参照するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×