件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、CyberNewsFlashとして「仮想通貨を要求する不審な脅迫メールについて」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月2日、CyberNewsFlashとして「仮想通貨を要求する不審な脅迫メールについて」を公開した。7月21日頃より、仮想通貨(BTC)を要求する複数パターンの不審な英文メールが広く出回っており、JPCERT/CCでも確認しているという。

メールは、金銭を支払うよう脅迫する内容の、いわゆるスパムメールに分類されるもの。しかし特徴として、件名が受信者のメールアドレスの「@」以前と受信者が実際に使用しているメールパスワードとなっており、本文にも同様に、パスワードが記述されている。JPCERT/CCでは、送信者は何らかの方法で受信者が使っているパスワードを入手している可能性があるとしている。

このようなメールを受信した場合は、攻撃者の要求には応じず、冷静に対応を行うよう呼びかけている。また、メール本文で示されているパスワードを実際に使用しているサービスがある場合、異なるパスワードを再設定したり、ログイン履歴を確認したりするなどの対応をすべきとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×