県職員4千人の健康診断結果記録したUSBメモリ、車上荒らしで盗難(三重県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

県職員4千人の健康診断結果記録したUSBメモリ、車上荒らしで盗難(三重県)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

三重県は7月13日、県職員の健康診断結果データが記録されたUSBメモリが盗難にあったと発表した。

これは7月11日18時15分頃に、同県総務部福利厚生課職員の自家用車が車上荒らしにあい県職員の健康診断結果データが記録されたUSBメモリの入った鞄ごと盗難されたというもの。

当該職員は4月初旬、会議資料作成のために福利厚生課のサーバに一元管理していた県職員の健康診断結果データ一式をUSBメモリにコピーし、所属長の許可なく自宅に持ち帰り、事件当日に至るまで当該 USBメモリを鞄に入れたままにしていたという。

紛失したUSBメモリには昨年度に実施した県職員(知事部局等職員4,551人)の健康診断結果データ(職員番号、氏名、性別、年齢、所属、健診結果)一式が記録されていた。

なお警察には盗難届を提出済みだが現在のところ発見には至っていない。

同県では今後、個人情報の外部持ち出しに当たって所属長の許可を徹底するとともに、職員が所属長の許可なく福利厚生課のサーバから個人情報をダウンロードすることを禁止するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×